福島県の宮﨑行政書士事務所 │ 県内は無料出張相談可

車庫証明 自認書・使用承諾証明書の書き方acknowledgment-note-and-use-consent-certificate



 ここでは、車庫証明に必要な自認書と使用承諾証明書の書き方を説明します。

 まずは自認書ですが、これは車の保管場所が自分の所有地である場合に、車庫証明申請書に添付します。

 それでは、さっそく見てみましょう。

車庫証明をお考えの方はこちら
行政書士専用書式はこちら


自認書の書き方

① 当てはまる方に○を付ける


 保管場所証明申請書の場合は「証明申請」に、保管場所届出の場合は「届出」に○を付けます。土地・建物は、どちらか又は両方に○を付けます。


② 警察署名を記入する


 車庫証明申請書を提出する警察署名を記入します。どこの警察署に提出するのか、事前に確認しておきましょう。


③ 住所・氏名・押印


 最後に、住所、氏名を記入して押印します。使用する印鑑は、申請書に使用したものと同じ印鑑にしてください。また、住所は住民票に記載されている住所を記入しましょう。


 


 自認書の書き方はこれで終わりです。特に難しいことはないと思います。



 



 次に、使用承諾証明書です。こちらは、車の保管場所が他人の所有地の場合に、車庫証明申請書に添付するようになります。アパートやマンション、自宅の土地が親の名義、自宅以外の場所で借りている月極駐車場などです。

 それでは、さっそく見てみましょう。


使用承諾証明書の書き方002

① 保管場所の位置


 車を保管する駐車場の所在地を記入します。車庫証明申請書と同じ所在地を記入します。


② 使用者の情報


 使用者(=申請者)の住所、氏名、電話番号を記入します。こちらも車庫証明申請書と同じ住所(住民票に記載されている住所)を記入してください。


③ 使用期間


 保管場所の使用期間を記入します。契約書等で定められている場合は、その期間を記入します。特に定めがない場合は、記入しないでおいて、管理者に名前を書いてもらうときに、承諾を得てから記入するようにすると、トラブルを未然に防ぐことができます。

 期間に定めはないのですが、あまり短い期間だと受理されない場合があるので、1年程度でいいです。提出日の月初めを開始日にして記入しましょう。


④ 使用承諾者情報


 アパートの大家さんや駐車場の管理会社に事前に連絡した上で訪問し、住所、氏名、電話番号を記入、押印をしてもらいます。日付は、申請書の提出日にします。

 その際、費用を請求される場合もあるので、事前に確認しておきます。

 保管場所が共有地である場合は、共有者全員の住所、氏名が必要になります。スペースに書ききれない場合には、別の用紙に記入して使用承諾証明書に添付するようになります。


まとめ


 以上で自認書及び使用承諾証明書の書き方の説明は終わります。難しいことはないと思いますが、注意点が1つあります。使用承諾証明書で訂正箇所が発生した場合は、承諾者の訂正印が必要です。仮に、使用者が記入するところで間違いがあったとしても、訂正印は承諾者のものになりますので、注意してください。

 あなたのお役に立てれば幸いです。


お問い合わせ


福島県で車庫証明をお考えであれば、行政書士宮﨑にお任せ下さい。
面倒な手続きは、車庫証明のプロがいる弊所へご相談下さい。

024-942-2752

【対応時間】 9:00~17:00(時間外はメールでお問い合わせください。)
【休  日】 土日祝日

メールでお問い合わせ、ご相談はこちら

お問い合わせ
024-942-2752
(9:00~17:00)
(時間外でも対応できる場合あり)

メニュー

ページトップへ