福島県の宮﨑行政書士事務所 │ 県内は無料出張相談可

車庫証明に必要な書類required-documents-of-the-garage-proof

記事作成日:2016/5/28
最終更新日:2018/4/3


車庫証明申請に必要な書類


この記事では、車庫証明を取得するために必要となる書類をまとめました。よくお読みになってご準備ください。また、各様式はダウンロードも可能ですのでご利用ください。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

車庫証明申請に必要な書類の作成は、弊所にすべてお任せください。お客様に余計な時間を使わせません。申請書には、押印のみで結構です。また、委任状をいただければ申請書も不要です。住民票や使用承諾証明書の代理取得もいたします(別料金)。


自動車保管場所証明申請書(自動車保管場所届出書)


申請者欄の所定の場所に押印してください。押印は認印で結構です。複写式となっていますので、押印忘れのないようにご注意ください。

福島県では、5枚複写の申請書を使用しています(届出書は4枚複写です)。他県ですと4枚複写が多いですが、こちらでも申請は可能です。ただし福島県では、軽自動車の有無及び所有台数を記載しなければなりませんので、他県からご依頼の場合はご注意ください。

5枚又は4枚複写以外の申請書の場合は、事前にお問い合わせください。

>>車庫証明申請書の書き方はこちら


自認書又は使用承諾証明書


保管場所が自己所有地の場合は「自認書」、アパートや親名義の土地など他人の所有地の場合は「使用承諾証明書」となります。お仕事等で忙しく駐車場所有者(管理者)に依頼できない場合には、弊所での取得代行(別料金)も可能です。お気軽にご相談ください。

自認書への押印は、申請書に使用したものと同じ印鑑を使用してください。

尚、使用承諾証明書における訂正は、“承諾者の訂正印”が必要となります。委任を受けた行政書士でも訂正をすることはできませんのでご注意ください。

自認書のダウンロードはこちらをクリック
保管場所使用承諾証明書のダウンロードはこちらをクリック


★この度、自認書と使用承諾証明書について行政書士専用書式ができました。詳しくは「行政書士専用書式について」をご覧ください。

>>車庫証明 自認書・使用承諾証明書の書き方はこちら


保管場所の所在図・配置図


弊所で作成いたしますのでご安心ください。ただし、遠方の場合には現地調査に別途料金が発生する場合があります。
またご自分で作成される場合は、下記リンクより所在図の書き方を確認して作成してください。

>>車庫証明 所在図の書き方はこちら

保管場所の所在図・配置図のダウンロードはこちらをクリック


委任状


委任状をいただければよりスピーディーに手続きができます。申請書の準備も不要です。手間をかけず、かつ安心して車庫証明を取得したい場合は、委任状をご利用ください。委任者(申請者)の住所・氏名・押印(認印)をお願いいたします。

委任状のダウンロードはこちらをクリック


住民票または印鑑証明書のコピー


申請者の住所を確認するのに必要となります。お仕事等で忙しく、住民票を取得出来ない場合には代理取得(別料金)も可能ですので、ご相談ください。


車検証のコピー


申請書に記入または記入内容の確認に必要です。


公共料金の領収書の写し(住所の記載があるものに限る)


使用の本拠の位置(車を使用する場所)と住民票の住所が違う場合に必要になります。車を使用する住所(現住所)に実際に住んでいる(存在している)ことを証明するためです。例えば、申請者が法人の本社で、実際に車を使用する場所はその支店といった場合です。

>>車庫証明の書類作成のポイントはこちら


お問い合わせ


福島県で車庫証明を取得するなら、行政書士宮﨑にお任せください。
お客様に余計な時間と労力を使わせません。すべてお任せください。
車庫証明でお悩みがあれば、お気軽にお問い合わせください。

024-942-2752

【対応時間】 9:00~17:00(時間外はメールでお問い合わせください。)
【休  日】 土日祝日

メールでのお問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ
024-942-2752
(9:00~17:00)
(時間外でも対応できる場合あり)

メニュー

ページトップへ